ひびきみかプロフィール

_DSC6194

プロ競技ダンスにおいて、2年連続全日本ラテンチャンピオン。
3年連続全日本ショーダンスチャンピオン、世界選手権5年連続日本代表。
ダンス界初日本プロスポーツ大賞功労賞受賞(大賞・松坂大輔、功労賞・武豊ほか)。
舞踏家大野一雄・慶人氏と出会い、舞踏の身体に興味を持ち舞台芸術活動へ転身。
キューバ国立民族舞踊団にて民族ダンスを学んだ後、独自のダンススタイルを確立。

2012年より、『MIKA HIBIKI Meets The Trunpet』をパフォーマンスの主軸に展開。みかず70SONY DSCmanhana
ラッパ一本身体一つの表現方法を体現中!

過去のブログ

Manhana de Carnaval

Historia de un Amor

その他、骨本来の可動を取り戻すだけで心身ともに健やかになるボーンメソッドワークショップや知的発達障がい・重度の身体障がいを持たれる方々との交流の場「ぽれぽれ講座」開講。そのほかネットコラム、エッセイ詩集「かがみのとびら」著、講演活動など多彩な表現方法を持つ。ウオーキング番組やドキュメンタリー番組にも出演。

ボディワークを通してこころの病を治す試みも積極的に行い、精神障がいをもたれる方々の通所施設・学童保育・生活実習所などでダンス講座やボディーワークを展開。
子供未来相談室にて相談員もつとめる(回答例)。

すべてのひとのなかに、存在する『宝物』を踊りや音楽……そして身体というツールを使って体感していく空間づくりに没頭中!!
ボランティア活動として、保護受給者へのボディワーク、野宿労働者支援のイベントや病院にてダンスショーを繰り広げています。

10年にわたる活動に2012年より新たに『ふしぎな友達プロジェクト』と名づけ、障がいをもたれる方々や野宿労働者・・・・障がいの有無にかかわらずあらゆるフィールドでステキに生きている方たちからさまざまな〈師〉を発掘中!

2014年より、ミニシアター路地テアトロに引き籠り、毎月公演中。

 

競技歴

関連サイト:Akihiko Sato.com

1986年:競技ダンスプロデビュー
1990年:NHK杯日本インターナショナルダンス選手権 初入賞
1996〜2000年:世界選手権日本代表(1999年第8位)
1997・98・99年:全日本サウスアメリカンショウダンス選手権 チャンピオン
1998・99年:全日本ラテンアメリカンダンス選手権 チャンピオン
1998年:ボールルーム・クイーン賞受賞
1999年:内閣総理大臣杯プロスポーツ大賞功労賞受賞(ダンス界史上初)
2000年:競技活動引退

 

著書

 

芸歴

2001年

4月
南伊豆青野三嶋神社にて花見舞

11月

「愛(いと)」アートスフィア
(特別出演:重要無形文化財保持・能楽囃子方大鼓・大倉正之助)

2002年

6月

「おとこと女」シアターX(演出:大野慶人)

「IN SLEEP」韓国ChangMu International Arts Festival

9月
NYラ・ママ芸術監督エレン・スチュアート演出作品「女王せつ」主演

10月
JSPORTS「キューバの旅」ドキュメンタリーのモデルとしてキューバへ

11月
「露TSUYU」京都

2003年

1月

「LATIN」アスベスト館

8月
増上寺にて大倉正之助、キム・デファン、横澤和也氏らとセッション

10月
桐生芸術家会議主催 大野一雄・大野慶人舞踏公演「大切なひと」に出演

12月
南伊豆青野三嶋神社にて舞踏ラテンパフォーマンス

2004年

1月
メトロ文化財団主催 メトロコンサート 銀座駅構内にて「ROOTS」

再びキューバへ 国立民族舞踊団にて学ぶ(DIPLOMAを授与される)


初のプロデュース公演「鏡の雨」
神楽坂die pratze(音楽:J・A・シーザー)

4月
伊豆松崎にてラテンダンスショー公演(翌日、花の三聖苑にてカルメン即興パフォーマンス)

土肥にて菜の花舞台両日出演(主催:橋爪功)

6月

シアターXにて「ふたつの記憶」公演
(特別出演:小林嵯峨 音楽:J・A・シーザー)

9月
シアターXブレヒト祭参加 花田清輝原作「泥棒論語」蝶々御前役

10月
ストライプハウスギャラリーにて、インスタレーション・ポエトリーリーディング・ヴァイオリンとのコラボレーション(ソロ参加)

2005年

1月1日
ダンスギャラリー響(HIBIKI)オープン

4月
シアターXにて、ブレヒト原作「肝っ玉おっ母とその子供たち」ルティ・カネル(イスラエル)演出作品「アンナ・フィアリングとその子供たち」にイベット・ポッティエ役で役者として出演(主演:吉田日出子)

6月

ソロ作品「響躰詩」公演
(演出・音楽・美術:J・A・シーザー)

エッセイ詩集「かがみのとびら」出版

2006年

1月

照明家アイカワマサアキ氏とのコラボレーション作品
「NADJA」を公演 Pit北/ 区域にて

以後精力的に作品を発表

3月

女シリーズ2「フリーダ」公演
ダンスギャラリー響にて

演劇実験室◎万有引力公演「草迷宮」(演出/音楽/美術:J・A・シーザー)にゲスト出演

5月

女シリーズ3「Paradox CARMEN」公演
ダンスギャラリー響にて

8月

女シリーズ4「カミーユ・クローデル」公演
ダンスギャラリー響にて

10月
マテリアルダンスSHOWシリーズ
VOL.1『オムニバスで贈るダンスSHOW★』を公演
ダンスギャラリー響にて

12月

女シリーズ最終回「血だらけのジュリエット」公演
Pit北/ 区域にて

2007年

3月
マテリアルダンスSHOWシリーズ
VOL.2『ちりばめられた石ころのかけら』を公演
ダンスギャラリー響にて

9月
マテリアルダンスSHOWシリーズ
VOL.3『踊り場』を公演
ダンスギャラリー響にて

2008年

3月
サラ・ケイン「フェイドラの恋」より
「ヒッポリュトス−こんなひと時がもっとありさえすれば−」を公演
シアターXにて

10・11月
マテリアルダンスSHOWシリーズ
VOL.4『雲の下のダンス』を公演
ダンスギャラリー響にて

2009年

2月
マテリアルダンスSHOWシリーズ
VOL.5(最終章)『オムニバス☆これは!事件だ〜♪』を公演
ダンスギャラリー響にて

2010年

7月

真秀 まほら 大和
──時のからくり──
歴史が織り成す 時・空・色・・・・を公演
代官山iスタジオにて

 

いままでの公演