創作活動&イベント

2019年1月12日(土)15:00~

シアターΧ主催

第5回ルナ・パーティー 新春LATIN Show

ひびきみか の「透明過ぎた情熱」

路地テアトロでもチケットお取り扱いしています!

一般:1000円 高校生500円

 

ひびきみか いよいよLATINをシアターΧで踊ります!

ひびきみか初参加!

新作品を発表します。

 

 

シアターΧ国際舞台芸術祭2018ビエンナーレ

ひびきみか2作品参加します!

○7月5日(木)LAMENTⅡ ※オスログルソムヘテン劇場にて公演した作品です。

○7月12日(木)十二音と十二メタフィジカル ※ひびきみか渾身の新作!

予約受付中!info@hibikimika.com

 

 

Grusomhetens teater(ノルウェー オスロ)に出演!
2作品!ひびき作品「神話のとびら」

そして

グルソムヘテン作品「LAMENTⅡ」

●http://www.grusomhetensteater.no/2017/12/lamentii/

LAMENT II

Lament II er en kontinuitet av Lament som hadde urpremiere på Grusomhetens Teater 9. oktober 2015.

Les mer info om Lament her

Forestillingen konsentrerer seg om kvinnenes gråt ved korset. Formmessig opererer vi med et helt nakent rom – uten dekor og rekvisitter. Tre skuespiller : Hanne Dieserud, Sara Fellman og Mika Hibiki fra Japan.
Mer info om Lament II TBA

●http://www.grusomhetensteater.no/aktuelt/

«Mythical Door» by Mika Hibiki

Claudia Lucacel   |   aktueltblogg

Mythical Door
by Mika HibikiTechnical assistance by Tazn Nishimura

 

«Mythical Door», was premiered at the 2016 Theater XIDTF International Performing Arts Festival Biennale, (IDTF) and it is being presented for the first time in Norway by performer and creator Mika Hibiki.

The play consists of scenes inspired by ‘Pasiphae’s tragedy’ and the ‘involvement of Ariadne with Minotaur’ from the Greek myth ‘Crete Labyrinth’, performed solo by montage body method.

For more info: https://www.facebook.com/神話のとびら-144651672707419/

 

Hibiki feels that the movement that springs from the depths of the body and overflows is «dance».
«The body has the ability to feel it itself.
I do not need reasons.
The body knows.»

Mika Hibiki is an artist from Japan. She started as a professional athletic dancer. She has been All Japan Latin champion for 2 consecutive years, All Japan Sho Dance champion for 3 consecutive years and Japan representative for 5 consecutive years of the world championship. Among others she won the Dance world first prize at the Japan Professional Sports Grand Prix Achievement Award (Grand Prize · Daisuke Matsuzaka, meritorious prize · Takeutaka etc.). She studied ethnic dance at the Cuban National Folk Dance Company, that led her to established her own dance style.
After Mika met Butoh Kazuo Ohno, she became interested in Butoh’s work and turned into performing art activities.
She is leading workshops training to enhance physical abilities based on bone method and has performed numerous solo performances.
Mika saw Grusomehetens Teater’s performance »I is Another – Rimbaud in Africa» in Japan last October and she expressed her interest in Lars Øyno’s work.

 

Mika will perform for Grusomhetens Teater for the first time in February in the upcoming production «Lament II».

 

One performance only!! Don’t miss the unique opportunity to see her solo performance «Mythical Door» at Grusomhetens Teater.

 

情熱をもって作品を創作し発信する

ひびきみかは『身体』を媒体に、作品を創作する。
なぜ?
人間のすばらしさを身をもって表現するため。
感情的で暴力的で知的で繊細で我が侭で・・・
でも、そのずーっと深いところには、
『愛』があると信じているから。
美しさとは虚構のそれではなく、
老いも憂いもひっくるめて、
人間そのものであるから。

生きる力を、生き抜く力を、
閃きとともに構築し、表出する。
ひびきにとっては、
日常動作・体験のエキスパート版が踊りであり、
それを介した作品が芸術なのだ。

『Dance は日常であり 日常はアートであり アートは愛を創りだす』

 

 

 

 

 

創造の糧(ひびきみか出演の劇場シアターΧ公演情報)

2017年9月24日(土)18時開演

「幻花」大倉正之助×秋山佳胤×ひびきみか

ついに実現します!ひびきみかのダンスパートナーであった佐藤明彦が天に召され5年が経ちました。その偲ぶ会において再開したメンバーによる、奇跡のコラボレーション。ひびきみかが渾身の力を込めて演出します。

ただのコラボではありません☆ご来場お待ちしております!

 

シアターΧ提携公演 路地テアトロ企画
幻花

漆黒の闇の狭間に幽か(かすか)に聞こゆ
揺蕩(たゆた)う我をいざなう響
道なき未知を歩む華
しずやかなる御姿こそは
其方の化身
蓮華かな

9月24日(日) 開演時間 18時

料金
一般:3,000円
学生:1,000円 (学生証をご提示ください)
協賛限定席:10,000円【特典付き】※数に限りがございます。

チケット取り扱い・問い合わせ窓口
路地テアトロ
MAIL:info@hibikimika.com
TEL:03-6383-3180

2017年8月19日(土)19時開演

シアターΧロビー公演 1,000円

ひびきみか マヤコフスキーシリーズ3
「事物の暴動」(戯曲 ウラジミール・マヤコフスキーより)

事物は人間の側にあるのか・・・ひびきみか 身体詩

2017年6月24日(土)
ひびきみか シアターダンスソロ
マヤコフスキー 人間 

神話から一変!!また新たな境地へ・・・・これは見逃せない!

TRY To THE   IDTF

ひびきみか+DEEP UNIT参加します!!

シアターΧへ是非!!

シアターΧ春のカバレット
「神話のとびら」スペシャルエディット

3月30日(木)20:00 好評につきシアターΧ春のカバレットとして公演いたします!

お見逃し無く!!

 

「奴婢鳥を待ちながら」

今年最後の劇場公演!ひびきみか初の群舞大作に挑みます!

奴婢鳥とは?!
 非常に興味深い稀有な作品となっています!

20161013_02_%e8%a1%a820161013_02_%e8%a3%8f

 

 

シアターΧ国際舞台芸術祭(IDTF)

13139138_1108064309263272_5649246432853578705_n13151685_1108058685930501_790931605558521192_n

6月23日(木)19:00スタート(ひびきみかは2番目19:20くらい) 1000円

ひびきみかソロ ダンスシアター「神話のとびら ~クレタから日本へ~」

3月に公演しました「ミノタウロスとアリアドネ 迷宮」を《かぶき》ます!

●6月11日(土)・12日(日)いずれも14:30開演 1000円

IDTF実行委員制作作品《ディズマダンス》

DEEP UNITも出演します!お楽しみに!

鏡のなかの鏡 迷宮

ミヒャエル・エンデの代表作「鏡のなかの鏡 迷宮」より、第5話と第13話を抜粋しひびきみかが身体表現で挑む。

ひびきみか迷宮シリーズVOL.2

2016年5月7日(土)19:00開演(開場は18:30) 2000円 ※チケットは路地テアトロで扱っています。

A4たて_表面 (2)A4たて_裏面 (1)

 

ミノタウロスとアリアドネ ―迷宮―

flyer_frontflyer_back

3月21日(祝・(月)20:00開演 1000円

シアターΧ主催、ひびきみか+シアターΧ共同企画で、ひびきみかソロやります。
テーマは「ミノタウロスとアリアドネ」
ギリシャ神話に再び挑みます。

 

ご来場お待ちしております。

 

 

 

イベント情報

Akihiko Sato  Tribute     佐藤明彦を偲ぶ会

佐藤明彦について→ Akihiko Sato

※当ギャラリー、路地テアトロでもチケットを取り扱っておきます。

 

 

 

 

☆ボディワークギャラリー響主催 自主上映会☆

ひびきみか』出演のドキュメンタリー番組♪

J-SPORTSにて、約一ヶ月間放映されていました。
見はぐれた方もいらっしゃるとのことで、このたび再上映☆終了しました

10年前に放映されたキューバの旅という番組も再編集・再放送されました。
こちらもあわせて、上映いたしますので是非お楽しみください☆
『ダンスに片思い』
『キューバの旅』

当ギャラリーでは、環境問題や人権問題その他いろいろな社会問題に対して、しっかりした自分自身の目線と広がりを持てるように、ひびき自らが選んだ映画の自主上映を不定期で行っております。また、ご希望がございましたら、ホームシアター感覚でプライベート映像も上映しますので、お気軽にお問合せ下さい☆
(ギャラリーにて今まで上映した作品)
「食の未来」「1/4の奇跡~本当のことだから」「水になった村」「ソウルパワー」